男子は半ズボン女子はスカートで昭和の子どもは夕飯まで外あそびに夢中でした

昭和こども ダウロードぬりえ

洋服も、時代と共に進化していますよね。新素材が開発されて、夏の汗も快適に冬も、軽くて暖かい素材のインナーやアウターなどがたくさんありますね。シニア世代も過ごしやすいです。

さらに、動きやすも追及され子供たちの洋服も、機能的でお洒落になりました。

ぬりえの子ども達も、元気に遊んでます。ところで、昭和の男の子って何で、あんなに短い半ズボンを履いていたのでしょう。女の子はスカートの裾をパンツに挟みこんで、パンツ丸見えを防いでましたね。

決して機能的とはいえなかった洋服でしが、泥だらけになりながらも、暗くなるまで遊びました。お気に入りの洋服は今でも、覚えています。懐かしいですね。

昭和をモチーフに、ペーパークラフトやぬりえを制作している小さな工房のブログです。

スポンサーリンク

昭和の遊び(男の子)

●ベーゴマ遊び
鉄の合金で出来ています。高度成長の頃まで、子供たちの間で遊ばれていました。

平安時代に京都の周辺でバイ貝に砂や粘土を詰めて、子どもがひもで回したことがベーゴマの起源とも言われている。やがて同じ遊びが関東に伝わり、“バイゴマ”から“ベーゴマ”になまったのだとか。

中川政七商店の読み物  人気再燃の「ベーゴマ」。遊び方から造り方まで、日本唯一のメーカーに聞く

コマに紐を巻き、床の上で対戦します。自分のコマが長く回転し続けるか、相手のコマをはじき出すかルールはシンプルだそう。床はバケツや樽に布を被せて作っていたそうです。

●めんこ(面子)
紙めんこの表面には、その時代の人気があるものが描かれていました。映画スター、力士、野球選手、
漫画のヒーロー、怪獣、怪人などです。

めんこは長方形や丸型の厚紙でできています。基本的な遊び方はめんこを地面にうちつけ、風圧を利用して相手のめんこを裏返す、「起こし」という方法です。裏返っためんこは自分の物にすることができます。

日本文化いろは事典 めんこ

子供たちは大切なめんこを、取られなくする工夫として表面にロウを塗ったり、角を折ったりしていたそうです。涙ぐましい努力があったのですね。

昭和の遊び

懐かしい昭和の光景を、ぬりえにしています。無料ダウンロードが出来る物もありますので、ご興味のある方はひふ美と工房サイトをご覧ください。

昭和の遊び(女の子)

●フラフープ
昭和33年に売り出されると、美容と健康に良いと大ブームになりました。使用中に腸捻転などの健康被害の噂が出て一年足らずでブームも終わりに。でも、フラフープと因果関係は、後日否定されることとなりました。

硬質ポリエチレン製で直径約90センチの輪(フープ)をフラ・ダンスのように腰を振って回転させる遊具が1950年代に流行

時事ドットコム:昭和のブーム 写真特集

●石けり
石けりは、地域によって様々なバリエーションがあったり、ルールも違ったりするようですね。

子供たちも、自分たちで独自のルールを作ったりして飽きないよう工夫して遊んでいたように思います。私の記憶をたどってみても、遊ぶお友達によってルールを変えたり、日によって違っていました。

地面にマス目や円などの図形を描き、そこへ数字を1から順に書き入れて、石を使いながら片足飛び(けんけん)で順番に進んでいく子供の遊び。地域によっては「けんけん」「けんぱ」などとも呼ばれる。

世界の民謡・童謡:石蹴り(けんけん/けんぱ) 遊び方・由来

石の大きさや、カタチ大切な要素でしたよね。

昭和の子どもの服装

昭和の子どもといえば、男の子なら半ズボン。女の子なら吊りスカートというのが定番でした。男の子の半ズボンは遊びやすかったとは思いますが、丈が今と比べてみると短かったですよね。

男の子が、半ズボンを履くのは洋服文化のヨーロッパの歴史的意味合いがあるようで、ご興味がある方は、調べてみてくださいね。

日本においては1950年頃に、百貨店が子供服として販売を開始したそうです。1990年頃までの販売なので、まさに昭和ということですね。

平成になると、海外のトレンドの影響を受ける子ども服もハーフパンツ支流になっていったようです。

フラフープをしたり、石けりをしたりするには機能的でないスカートですが、子どもに着せる洋服としては、なかなか機能的だそうですよ。

幼児体形のウエストは定まらないし、締め付けるのも体には良くないですよね。その点、吊りスカートなら成長が早いこの時期でも、調整可能という訳です。

女の子らしい見た目の可愛らしさからも、人気があったのでしょうね。

親の立場からすると、泥だらけになって遊んできても、半ズボンなら長ズボンより洗濯は楽だし渇きも早いでしょうから、履かせますよね。

吊りスカートだって、紐の長さを調整すれば大きめのおさがりだって、着れるんですから経済的です。

そんな親の事情もあって、男の子は寒い季節も半ズボン、女の子は遊びにくいけどスカートだったのかなと想像しています。

そんなことを思い出しながら、ぬりえを楽しんでいただきたいです。

タイトルとURLをコピーしました