本文へスキップ
交流サロン・認知症カフェのレクリエーションとミニ講話

地域の交流サロン

サロンてなんだ?


人が集まる場所や活動を、サロンとかカフェとか表現するようになりましたね。
同じような活動だと思いますが、成り立ちや意味合いは少しづつ異なっているようです
その事をわかりやすく説明した資料を紹介します。



全国社会福祉協議会 住民主体の生活支援サービスマニュアル
3.居場所サロンづくり
公益財団法人 さわやか福祉財団編


上記の資料から、全文そのまま引用しています。わたしは、なるほどそういうことかと納得しました。少し長い引用ですが、わかりやすいよう見出しをつけています。ゆっくり読んでみてくださいね。


居場所、サロンとは?

【定義】
地域の人々が交流する目的で、集まる場所の事です。人は社会的動物ですから、その本性として人と交流したい欲求を持っています。その欲求に応える場所が「居場所、サロンです。」

【名称】
「居場所、サロン」に該当するものとしては「通いの場」「コミニュティカフェ」などがあります。いずれも人が交流を目的として集まる場所ですが、その重点とするところが微妙に異なります。

【居場所】
「居場所」というのは、人が気兼ねなく自分を解放してくつろげる場所、あるいは自分がそこにいることを誰からも認められている場所という意味です。「居場所」はそこで人が主体的に人と交流する場所ですが、その交流は構えたものであってはならず心を開いてものであってほしいという事に重点を置いた表現です。

【サロン】
「サロン」は全国社会福祉協議会(以下全社協)が平成6(1994)年に「ふれあい・いきいきサロン」を提案した時から使ってきた表現で、人が楽しみを求めて集まり交流する場所という点に重点があるようです。なんとなく出かけたい気持ちになってほしいという気持ちを込めた表現でしょうか。

居場所づくりや、サロンに興味があり自分でも取り組んでみたいなと思っている方にはわかりやすく、おすすめのテキストです。




1959年生まれ 幼稚園教諭を経て、子育て一段落した時に介護職と出会う。
介護老人保健施設、通所リハビリテーション、 デイサービスをそれぞれ経験する。
資格 :介護福祉士 ケアマネージャー  宮城県認知症介護指導者


ミニ講話 2 3 4  6   レクレーションへ  現場訪問記へ

 ●サロンってなに?
地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの*【ミニ講話】
1.はじめに 
2.やる気スイッチを入れ毎日を、元気に過ごしましょう
3.元気に過ごす秘訣は か・き・く・け・こ
4.きょうよう・きょういく・ちょきんが大事
5.心を落ち着け集中力を高める3・2・15の呼吸法を紹介します
6「.笑顔の術」で、寿命を延ばそう
7.宇宙医学は、究極の介護予防なのですって


地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの*【レクリエーション】
1.言葉を見つけるレクにハートもみっけ
2.「新聞リハビリ」指先に集中してね
3.うまくいかないから、笑っちゃう○×体操
4.ネームパスとなかあてゲーム
5.歌で勝負だ 楽しもう
6.「割りばしストレッチ」2人一組、心を合わせて指先に集中
7.「つられポン」八百屋さんというゲーム覚えていますか?

地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの*【笑顔になるヒント!】
1.笑顔体操
2.ミニサロンを開いてみました
3.長年続いているサロンには、秘訣があります。その1
「もぐもぐ、ぺちゃくちゃ、にこにこ」

4.長く続いているサロンには、秘訣があります。その2
「どーぞ、どーぞ。」

5.高齢男性の居場所はどこに?

地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの現場訪問記
1.デイサービスセンターさくら(宮城県岩沼市)
2.デイサービスたんぽぽ  (宮城県岩沼市)


ひふ美と工房

お問い合わせフォーム


スポンサーリンク