本文へスキップ

思い出を形にする、ちょつと面倒くさい時間

思い出を形にする、ちょっと面倒くさい時間

2015年6月30日

昨夜見た夢に、色は付いていましたか?と聞かれたら
即答できますか…。

その前に昨夜、私は夢を見たかどうか覚えていません。
大丈夫でしょうか私…。

では質問を変えて、思い出の中に色がありますか?と聞かれたら
迷わず、あると答えられます。

物心がついてからの記憶は、鮮明だったりおぼろげだったり
しますが、色付きで思い浮いだせます。

ひふ美と工房は、思い出を形にするお手伝いする小さな工房です。

あなたの思い出をオリジナルのぬりえにいたします。
「こころのぬりえ」に色を塗って見ませんか?

自分の「こころのぬりえ」を作るって
なんか、面倒くさそうですか?

あなただけのぬりえなので、たしかに制作するのに
いくつかの工程があります。

でも、その面倒だと思う時間が
「こころにエール」をくれると、大切な時間だと
私達は思っています。

たくさんの思い出のなかから
「ぬりえ」にしたい、ワンシーンを決めてください。

なぜその「思い出」が大切ですか?
なぜその「場面」がこころに残っているのですか?
なぜその思いが鮮明な「記憶」として浮かぶのでしょうか?

記憶をたどったり、アルバムをめくったりしてください。
今まで忘れてしまっていた出来事が、浮かんできたり
その時の感情が思い起されたり…。
本当に、いろんな事がありましたね。

写真があれば、制作しやすいので出来るだけ
用意してくださいね。
思い出のストリーもお願いします。

「こころのぬりえ」のページを見てください。
詳しい流れが、書いてあります。


ぬりえは癒し効果があると言われています。
記憶をたどって色を選んで塗り始めると、
作業に没頭し夢中になることでしょう。

普段の心配事もぬりえを塗っている時間は、忘れることができます。
あなたの思い出をたどるので、色見本も必要ないですね。

長い間忘れかけていた大切な事も、
ぬりえがきっかけで思い出すかもしれません。

思い出を共有する人との会話が増えるでしょう。
一枚のぬりえがきっかけで、思い出を共有出来る相手とは
きっと話題が次々出て楽しい時間を過ごせそうですね。

それぞれ忙しい生活で共通の話題が、無くなっていたと
しても昔の話なら時間を忘れそうです。

ぬりえを見ればいつでも、あの時のまま…。
これからの日々を過ごしていくあなたの
「こころにエール」を送り続けてくれる
あなただけの、世界に一つしかないぬりえです。

ひふ美と工房「こころのぬりえ」ページより
このぬりえのストーリー




「ふ」fumie

【前の記事】 
50歳過ぎてもやってみよう、
明日出来るかもしれないから
 【次の記事】
親家片(おやかた)任務完了です。



スポンサーリンク

お問い合わせフォーム

ブログ・カテゴリー
ひふ美と工房のこと (33)

手づくり
レクレーション
(2)

懐かしい昭和の光景
イラスト
(1)

50代を生きる
(29)

50代の思い
(24)

50代の健康
(20)

50代向けの本紹介
(3)
2017
06月(3)
05月(3) 
01月(1)

2016
12月(1)
11月(4)
10月(1)
09月(3)
08月(1)
06月(1)
2015
11月(4)
10月(16)
09月(12)
08月(15)
07月(26)
06月(14)
05月(7)

スポンサーリンク