本文へスキップ

親家片(おやかた)任務完了です。ひふ美と工房

親家片(おやかた)任務完了です。

2015年6月30日

言葉を知る前に、任務完了してました。
親家片(おやかた)「親の家を片づける」を略した言葉だそうです。

この言葉は知りませんでしたが、
私達姉妹も、大変な労力と時間とお金を掛けて終わらせています。

親家片(おやかた)を知るきっかけは
ひふ美と工房のホームページの制作中です。

ホームページには、昭和生まれのこれからを
「トトノ・エール」(整える/調える)

というページを展開しています。

ご縁があって、山形のアンカーズの小林さん
(遺品整理や不用品の処分のお仕事)に仕事を通して
実際に経験した興味深い内容のお話を書いてもらっています。

2回目のお話が、親家片(おやかた)でした。

雑誌の見出しや、新聞広告でも見るようになっていたので
私もちょっと調べてみました。
シニア女性向けの「ゆうゆう」(主婦の友社)が
読者の高齢の親の家を片づける記事から始まったようです。

こちらのサイトの充実はすごいです。
世の中に困っている方がたくさんいるのがわかります。
多くの関連記事、本も紹介されていますので
ひふ美と工房世代の方には役に立つサイトだと思います。

親の家を片づける/親片のページ http://o-ya-kata.com/

ひふ美と工房の
◇片づけのプロ、小林さんの話もぜひ読んでください。
現場のプロの話が、リアルに書いてあります。

私達姉妹も、3回に分けて親家片(おやかた)をしてきました。

1回目は2010年の春、父が癌で亡くなった時。
この時は、父の衣類、靴など身に着けていたものを処分するもの
もらっていただくもの、形見に残しておくもの
どうしたら良いかわからないので、
とりあえず取って置くものとして、父の物を片づけました。

2回目は2011年春、東日本大震災の後一人暮らしの母を私の近くに
引っ越しさせた時。
マンションに持ち込める最低限の家電と家具、必要な生活用品
最低限の寝具、処分にためらいがあり悩んだもの、母の大切なもの
それ以外は、かなり思い切って処分しました。

3回目は2014年春、母が亡くなった時。
2回目の時にかなり処分していましたが、
それを私が引き取れる量にするには、相当な覚悟で処分しないと
また、私達の子供に残すことになるので思い切った決断が必要でした。

◇片づけのプロ、小林さんの話 #06 高齢者のお引っ越し 
で、近い話が紹介されています。

昭和生まれのこれからは、歳を重ねている分だけ
いろいろ簡単にはいかないようですね。

     

「ふ」fumie

【前の記事】 
思い出を形にする、
ちょっと面倒くさい時間
 【次の記事】
思い出がスキップする



スポンサーリンク








お問い合わせフォーム

ブログ・カテゴリー
ひふ美と工房のこと (33)

手づくり
レクレーション
(2)

懐かしい昭和の光景
イラスト
(1)

50代を生きる
(29)

50代の思い
(24)

50代の健康
(20)

50代向けの本紹介
(3)
2017
06月(3)
05月(3) 
01月(1)

2016
12月(1)
11月(4)
10月(1)
09月(3)
08月(1)
06月(1)
2015
11月(4)
10月(16)
09月(12)
08月(15)
07月(26)
06月(14)
05月(7)

スポンサーリンク