本文へスキップ

私にしてみれば目からうろこだった本を紹介します

私にしてみれば目からうろこだった本を紹介します

2015年7月13日

50代の思い

仕事は楽しいかね
デイル・ドーテン著  野津智子訳  きこ書房  です。

今までの常識的な考え方にとらわれている自分にダメ出しを してくれました。

私と同じ、50代はまだ仕事をしている人がほとんどでしょう。

人生の長いキャリアがあるから仕事にも味があるのだろうけれど
「仕事は楽しいかね」

誰だってこう質問されたら、今の自分が抱えている いろいろな思いで心が
いっぱいになるんじゃないかなと思います。

「仕事は楽しいかね」

「生きることは楽しいかね」

介護予防に関する事業に興味があります。 国が、健康寿命を延ばし、
介護保険などの出費を少しでも抑えようと工夫しています。

健康に気を付け、自分のことは自分で行えるうちは行い、
閉じこもりにならずに 地域の中で過ごす。

自分も元気なうちはお世話をする、元気でなくなっても地域の
地域の人々が支えてくれるような仕組み作りをおこなっていく。

平成30年には全国的な取り組みになるようです。

介護予防事業の地域支援事業への移行  ( 厚生労働省PDF資料あり)
と、いうものです。

地域の仕組みづくりにはとても時間がかかると思いますが
居場所の選択肢が介護保険関連の場所だけで
なくなることに期待を持っています。

そうはいっても 国の施策にとらわれない生き方も探さねばと思っています。

「仕事は楽しいかね」


「美」ひろ美

【前の記事】
 成功している人に共通していることは、
続けること
 【次の記事】
不要なことに脳を働かせないように
すれば、集中力が上がる


スポンサーリンク















このページの先頭へ

お問い合わせフォーム

ブログ・カテゴリー
ひふ美と工房のこと (33)

手づくり
レクレーション
(2)

懐かしい昭和の光景
イラスト
(1)

50代を生きる
(29)

50代の思い
(24)

50代の健康
(20)

50代向けの本紹介
(3)
2017
06月(3)
05月(3) 
01月(1)

2016
12月(1)
11月(4)
10月(1)
09月(3)
08月(1)
06月(1)
2015
11月(4)
10月(16)
09月(12)
08月(15)
07月(26)
06月(14)
05月(7)

スポンサーリンク