本文へスキップ
交流サロン・認知症カフェのレクリエーションとミニ講話

地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービス「現場訪問記」

現場訪問記1.「デイサービスセンターさくら」(宮城県岩沼市)


ひふ美と工房
地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの > 現場訪問記1

来年のカレンダー 時間をかけてゆっくり丁寧に作る。
施設に伺ったとき、テーブルの上に利用者さんたちの作りかけのカレンダーがありました 。どこの施設でも良く作っているようなものなのかなと思いましたが、よく見ると季節でないものも作成中色をぬっている部分や、ふわふわに貼っている部分や、ちぎり絵のような部分などいろいろな手法を使いその仕事が丁寧です。しかも作っている人が、楽しんでいる感じが伝わるのです。

   
みつばちはいろえんぴつ。れんげはお花がみを小さく切った ものを貼っています。 しかも混色も…。 さくらの花、広告紙のさくらも使う。
   
いろいろな質感の紙で、紫陽花を折っています。葉っぱは、ちぎり絵です。使っている紙がおもしろい。 お花がみを、の形に切っている。薄いので何枚も重ねて、のりは中心にしかつけていない。フワフワした感じが出ています。
 



参考になりました

話を伺うと、
利用者さんがやりたい時に、取り組みたい順番に制作しているとの事 。来年のカレンダーだから、時間に追われることもない。ゆっくり楽しみながら取り組める。 完成度が高ければ、満足度は高く。家族からは「おばあちゃんすごーい」ってなるでしょうねぇ。 本人は、ちょっといい気分ですよね。職員としても時間に追われることもないので、本人のこだわりに付き合えますね。

柔軟な対応は、日々のケアの姿勢にもつながるのではないでしょうか。
視点を変えた取り組みに、ヒントをもらいました。



現場訪問記         ミニ講話へ   レクレーションへ

地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの現場におじゃました時に、感じたこと、思ったことなど…現場訪問記としてお伝えしています。頑張っている方々の思いをお伝し、必要としている同じ思いの方に届けばいいなと思っています。



1959年生まれ 幼稚園教諭を経て、子育て一段落した時に介護職と出会う。
介護老人保健施設、通所リハビリテーション、 デイサービスをそれぞれ経験する。
資格 :介護福祉士 ケアマネージャー  宮城県認知症介護指導者
地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの*【ミニ講話】
1.はじめに 
2.やる気スイッチを入れ毎日を、元気に過ごしましょう
3.元気に過ごす秘訣は か・き・く・け・こ
4.きょうよう・きょういく・ちょきんが大事
5.心を落ち着け集中力を高める3・2・15の呼吸法を紹介します
6「.笑顔の術」で、寿命を延ばそう
7.宇宙医学は、究極の介護予防なのですって
地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの*【レクリエーション】
1.言葉を見つけるレクにハートもみっけ
2.「新聞リハビリ」指先に集中してね
3.うまくいかないから、笑っちゃう○×体操
4.ネームパスとなかあてゲーム
5.歌で勝負だ 楽しもう
6.「割りばしストレッチ」2人一組、心を合わせて指先に集中
7.「つられポン」八百屋さんというゲーム覚えていますか?
地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの現場訪問記
1.デイサービスセンターさくら(宮城県岩沼市)
2 .デイサービスたんぽぽ  (宮城県岩沼市)


ひふ美と工房

お問い合わせフォーム


スポンサーリンク