本文へスキップ
交流サロン・認知症カフェのレクリエーションとミニ講話

地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービス「現場訪問記」

現場訪問記2.「デイサービス たんぽぽ」(宮城県岩沼市)


ひふ美と工房
地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの > 現場訪問記2

思い出横丁 昔の自分に会いに行ける、元気になれる場所。
デイサービスで懐かしい写真や、ものを置いているところがありますよね。回想法の手法を使って、利用者さんの心の引き出しに働きかけているのだと思います。

懐かしい道具や写真などを見た利用者さんの表情が、柔らかくなったり、普段お話しない方がいつもよりたくさん話してくれたりします。

デイサービスたんぽぽにおじゃました時、個人の写真が掲示してありました。
その人にとっては大切で、見た人にとっても自分に重ね合わせて、懐かしい気持ちになる。そんなコーナーが、作ってありました。




   ↑思い出横丁〜あの時、あなたは若かった…〜 のコーナーを写真に撮らせていただきました。


思い出横丁のコーナーを曲がって、浴室へ。 隣の壁はぬりえ作品コーナー 。
足を止めて、ひとこと言いたくなる雰囲気がいいですね。

写真だったら、資料も使えます。利用者さん自身の思い出が提供されれば、たくさんお話が弾むことでしょう。どこの施設でも取り入れることができる、ヒントになると思います。


丁寧な取り組み 仕上がりに差が付き、満足度もアップ。
施設の作品作りに、高齢者施設向け月刊誌やネットの情報は欠かせません。こちらの施設でも参考にしているものはあるとの事でしたが、身近に手に入る折り紙や、包装紙を使って丁寧にに取り組んでいました。
 

立体と平面の組み合わせ



離れて見てもメリハリがありますね。利用者さんが紙を細く折って貼り付け、 果物の形は職員さんが整えたそうです。






花、葉っぱの色使いも単調にならない様、
配置していることが伝わります。


紙だけではなく、身近に手に入れることができる木の
ビーズを組み合わせるだけで、深みが出でますね。




参考になりました

デイサービスの一日は職員側から見ると、帰る時間が決まっており、やらなければならない仕事もタイムスケジュールに沿ってたくさんあります。

利用者さん側から見ると、案外時間があったりします。手作業としては難しい内容ではないけれど 、好きな方に丁寧に取り組んでもらえて、出来上がった作品が大人の作品になる事はどちらにとっても、良い事と思えました。










現場訪問記        ミニ講話へ   レクレーションへ

地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの現場におじゃました時に、感じたこと、思ったことなど…現場訪問記としてお伝えしています。頑張っている方々の思いをお伝し、必要としている同じ思いの方に届けばいいなと思っています。



1959年生まれ 幼稚園教諭を経て、子育て一段落した時に介護職と出会う。
介護老人保健施設、通所リハビリテーション、 デイサービスをそれぞれ経験する。
資格 :介護福祉士 ケアマネージャー  宮城県認知症介護指導者
地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの*【ミニ講話】
1.はじめに 
2.やる気スイッチを入れ毎日を、元気に過ごしましょう
3.元気に過ごす秘訣は か・き・く・け・こ
4.きょうよう・きょういく・ちょきんが大事
5.心を落ち着け集中力を高める3・2・15の呼吸法を紹介します
6「.笑顔の術」で、寿命を延ばそう
7.宇宙医学は、究極の介護予防なのですって

地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの*【レクリエーション】
1.言葉を見つけるレクにハートもみっけ
2.「新聞リハビリ」指先に集中してね
3.うまくいかないから、笑っちゃう○×体操
4.ネームパスとなかあてゲーム
5.歌で勝負だ 楽しもう
6.「割りばしストレッチ」2人一組、心を合わせて指先に集中
7.「つられポン」八百屋さんというゲーム覚えていますか?
地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの現場訪問記
1.デイサービスセンターさくら(宮城県岩沼市)
2 .デイサービスたんぽぽ  (宮城県岩沼市)


ひふ美と工房

お問い合わせフォーム


スポンサーリンク