本文へスキップ

背中を押してもらえる研究報告→懐かしさの脳科学研究

 背中を押してもらえる研究報告→懐かしさの脳科学研究

ひふ美と工房ブログひふ美と工房のこと
2016年11月20日

いつものように地元紙を広げていると、目に留まった記事があったので今日はこちらの記事と日頃ひふ美と工房の活動を通して感じていることを少しお話したいと思います。

皆さんは最近「懐かしい」と感じた時のことを覚えているでしょうか? 楽しく幸せな気持ちだけでなく、切なさやほろ苦さも感じたかもしれません。人は週に数回、懐かしさを体験するという研究結果があります。
(中略)
懐かしさは、抑うつ感や孤独感を低下させ、自尊心や社会的つながりの感覚を高める作用があることが明らかになりました。



<引用元>
河北新報 2016/11.2 医療最前線 
リレーエッセー 医進伝心/追憶で得られる「報酬」

◎懐かしさの脳メカニズム/東北大東北メディカル・メガバンク機構助教 
大場健太郎さん

ひふ美と工房は、懐かしい昭和の遊びの場面のぬりえに色を塗ることやはさみ、のりなど昔も使った道具で手作業するワークなどを提供しています。

色を塗ったり手作業する時間を過ごすと、その時間は夢中になるのでなんだか楽しくて、心が癒されます。 この思いを共有していただき、ちょっといい時間を過ごしてほしいと思います。 そのお手伝いを少しでもしたい…と願い私は妹と工房を立ち上げました。


ひふ美と工房のダウンロードぬりえです↓興味があればご活用ください。



実際に高齢の方にワークショップを行うと、参加した皆さんの感想も同じようなものが出てきます。
「なんだか楽しい。」「しばらくぶりに、こんなことしたけどいいねー。」
「心がほっとする。」「不思議と力をもらえる。」などなど…。

日頃私達がワークショップで経験的に感じている、「思い出や、懐かしさは心にエールを送ってくれるんだという事」を、 きちんと科学的に研究して示してくださる方たちがいることに感謝です。

やっぱりみんなそんなふうに感じていたんだ。 背中を押してくれた新聞記事でした。

河北新報 ONLINE NEWS で全文が読めます。
http://www.kahoku.co.jp/special/spe1140/20161102_01.html
リレーエッセー 医進伝心/追憶で得られる「報酬」


ぜひ読んでみてください。


今日もいい一日でした。
「美」ひろ美


【前の記事】
こころが弾むきっかけは、
懐かしい昭和の光景ぬりえから

 【次の記事】
懐かしい感情は、
どんなことをもたらしてくれるのか


スポンサーリンク





このページの先頭へ

お問い合わせフォーム

ブログ・カテゴリー
ひふ美と工房のこと (33)

手づくり
レクレーション
(2)

懐かしい昭和の光景
イラスト
(1)

50代を生きる
(29)

50代の思い
(24)

50代の健康
(20)

50代向けの本紹介
(3)
2017
06月(3)
05月(3) 
01月(1)

2016
12月(1)
11月(4)
10月(1)
09月(3)
08月(1)
06月(1)
2015
11月(4)
10月(16)
09月(12)
08月(15)
07月(26)
06月(14)
05月(7)

スポンサーリンク