本文へスキップ

思い出を、ハサミで切り出す ひふ美と工房

思い出を、ハサミで切り出す

2015年6月28日

日常生活で、ハサミを集中して10分くらい
使うことってありますか?
これが、意外にないことに気がついたのは
ちょっと前のことなんです。

ひふ美と工房で、高齢者のサロン活動の
サポートを月1回しています。
(60代〜90代の元気なおばあちゃま達です)

かれこれ、7ヶ月になりますが
1回こちらの都合でお休みしたので活動は6回です。

サポート内容は、介護予防のためのストレッチや
筋トレを取り入れた体操教室に、
ちょっと役に立つ講話を入れます。
ここまでは、姉の仕事(詳しくはプロフィールを見てください)

それから、毎回手先を使ったペーパークラフトを作ります。
説明を入れて、準備から後片付けまで30分くらい。

月1回なので、カレンダーやカードなどを
季節に合わせて作っています。
ここで、使うキットを準備するのが私の仕事になります。

アイディアを考えるのは私ですが、
イラストを描いて形にするのは夫の仕事になります。

高齢の方でも無理なく仕上げる事ができるか、
同じキットを使っても、隣の人と同じにならないよう
仕上げる事が出来るのかを考えます。

ひふ美と工房の手作りキットは、作る方が
パーツを貼る場所を、考えて仕上げるよう工夫しています。

素材が同じでも、個性が出せるほうが楽しいと思っているからです。
同じようで、ちょっと違うというところを狙っています。

毎回ハサミを使ってもらっています。
にぎやかに、おしゃべりしていたのにハサミを持つと
シーンとなるから、集中しているのが分かります。

普段ハサミ使っていますか?と質問したところ
ほとんどの方が、使っていないと答えました。

高齢の方でなくても、私達の日常でも集中してハサミを
使うことなどあまりありませんよね。

やってみると、楽しいと言ってくださいます。
今まで作った、カレンダーやカードです。

普段あまり、ハサミを使う機会がないなどと言わないで
ひふ美と工房のペーパークラフトを作ってみませんか。

懐かしい昭和のあの頃をモチーフにしたペーパークラフトが
あります。

■昭和の街並みガーランド


■あの頃カード(駄菓子屋さん)

   

■思い出の窓(シャボン玉)



ハサミを使って、懐かしい昭和の思い出を
切り出してみませんか。楽しいですよ。



「ふ」fumie


【前の記事】
 思い出は、こころを元気にする
 【次の記事】
90歳まで、
私はあと37年もあります。

スポンサーリンク

お問い合わせフォーム

ブログ・カテゴリー
ひふ美と工房のこと (33)

手づくり
レクレーション
(2)

懐かしい昭和の光景
イラスト
(1)

50代を生きる
(29)

50代の思い
(24)

50代の健康
(20)

50代向けの本紹介
(3)
2017
06月(3)
05月(3) 
01月(1)

2016
12月(1)
11月(4)
10月(1)
09月(3)
08月(1)
06月(1)
2015
11月(4)
10月(16)
09月(12)
08月(15)
07月(26)
06月(14)
05月(7)

スポンサーリンク