本文へスキップ

懐かしい昭和を思い出したときの自分の反応は

懐かしい昭和を思い出したときの自分の反応は

2015年7月2日

懐かしい昭和のイラストがたくさん出ている
ひふ美と工房のサイトを見た時、
あなたはどんな反応になりますか。

今の現状に満足している人と、そうでない人では
反応が違ってくるかもしれませんね。

ホームページが少しづつ出来上がってきたので
感想を聞ける人に、恐るおそる聞いてみると
同世代の人でも、反応が分かれることに気が付きました。

「懐かしい」という気持ちは同じなんだろうと思います。

「懐かしい昭和のあの頃」が心地よい思い出と感じるのか…。
「懐かしい昭和のあの頃」がもう戻れない遠い過去への焦燥感と
なるのか…。

もしかしたら、現状の自分に満足できているかどうかで
違ってくるのでしょうか。

子供が小学生だった時、担任の先生が興味深い話を
していたことを思い出しました。

卒業生が遊びに来る時、なんか中学で上手くいってない
のかなぁと感じるそうです。

現状の生活に満足している子は、小学校のことなんて
あまり思い出さないから遊びになんか来ないそうで、
その方がいいのよ。と言っていました。

なんとなくわかる気がします。
現状の自分に満足しているかで、過去の自分との再会に
持つ感情が変わってくると言うことですよね。

現状の自分に満足しているかどうかは、
「幸せは自分のこころ」が決めるものなので
難しいところですが…。

う〜ん深いですね。
うちの母なんか、私が思うに娘二人に介護されて
十分幸せだと思っているのに、不幸オーラ出してましたし…。
決して、幸せと思っていなかったからなぁ…。

過去の自分との再会が、どんな感情になるのか…。
一度、あの頃・タウン「美虹町(つつじまち)
遊びに来て確かめてみませんか?

亡くなった母が、このホームページをみたら
きっと、こう言うでしょう。
「あの頃は良かった、楽しかった」と

過去の自分との再会が、心地よいと感じるのは
今の自分が好きかどうかと、いうことでもあるとするなら

今の自分が好きでいられるように、日々どう暮らすか
なのですね。
今日、ひとり反省会をして考えてみます。

さて、ひふ美と工房は懐かしい昭和のあの頃をテーマに
ものづくりをしています。

介護世代と介護される世代が元気に輝いていた時代です。
訪れてくれた方々が、心地よい思い出と
感じていただけることを願っています。では、また。


「ふ」fumie

【前の記事】 
現状はすぐかえられませんが、
視点は変えることができます
 【次の記事】
日々の積み重ねとカレンダー



スポンサーリンク









お問い合わせフォーム

ブログ・カテゴリー
ひふ美と工房のこと (33)

手づくり
レクレーション
(2)

懐かしい昭和の光景
イラスト
(1)

50代を生きる
(29)

50代の思い
(24)

50代の健康
(20)

50代向けの本紹介
(3)
2017
06月(3)
05月(3) 
01月(1)

2016
12月(1)
11月(4)
10月(1)
09月(3)
08月(1)
06月(1)
2015
11月(4)
10月(16)
09月(12)
08月(15)
07月(26)
06月(14)
05月(7)

スポンサーリンク