本文へスキップ

日々の積み重ねとカレンダー ひふ美と工房

 日々の積み重ねとカレンダー

2015年7月2日

「はっ」とする瞬間が日常の中には、あふれているものだ。
そこに気が付いたからといって、
私がすぐに変われるものではないのだけれど…。

ひふ美と工房で毎月1回お手伝いをしている
高齢者サロンハッピーさんは、地域のコミュニティセンターの
1階の部屋で活動をしています。

隣の敷地には、保育園があります。
朝、私達が会場に着く頃は
園庭いっぱいに子供たちが、元気に走り回っています。
その光景が、あちら側だとしたら…

こちら側は、足取りもゆっくりで
体のあちら、こちらが痛いと嘆きながらも元気で
パワフルなおばあちゃん+おばちゃん(私達2人)です。

あちら側と、こちら側の違いは
たくさんの日々を、積み重ねてきたということなんですね。

当たり前のことなのですが、
一日一日をきちっと積み重ねてきた、こちら側の
おばあちゃま方は、元気です。

積み重ねの小さな差が、次第に大きな差に
なるんですよね。
もう、10年以上も続けていているそうです。

ひふ美と工房で、お手伝いするようになってから
手先を使っていただくために工房オリジナルの
ペーパークラフトのカレンダーを作ってもらっています。

毎日眺めるカレンダーだから、
自分の手で作ってもらったものを使ってほしい
と思って始めたのですが…。

月が重なって、年が重なって…重なって
人生になるんだぁ…って

当たり前のことを、思って
こちら側の年数の重さに「はっ」としたのでした。

窓越しに見える、あちら側の元気な子供たちが
想像も出来ないくらいカレンダーをめくってきた
ハッピーの方々は、元気ではつらつとしています。

きっと、それぞれがいろんなことを抱えて
いらっしゃるとは思いますが、
日々を重ねてこれからも過ごしていくのだろうと。

ただ積み重ねるのではなく、
日々小さな努力をおしまなければ、それが大きな差となるんだなと

この気づきが生かせるのかで、
私の今後が変わることだけは、間違いないようです。


「ふ」fumie

【前の記事】 
懐かしい昭和を
思い出したときの自分の反応は
 【次の記事】
時間のプレゼント



スポンサーリンク




















お問い合わせフォーム

ブログ・カテゴリー
ひふ美と工房のこと (33)

手づくり
レクレーション
(2)

懐かしい昭和の光景
イラスト
(1)

50代を生きる
(29)

50代の思い
(24)

50代の健康
(20)

50代向けの本紹介
(3)
2017
06月(3)
05月(3) 
01月(1)

2016
12月(1)
11月(4)
10月(1)
09月(3)
08月(1)
06月(1)
2015
11月(4)
10月(16)
09月(12)
08月(15)
07月(26)
06月(14)
05月(7)

スポンサーリンク