本文へスキップ

50代の健康 いくつになってもダイエットは気になる…

いくつになってもダイエットは気になる…

2015年6月18日

50代の健康1
私は何歳になっても「ダイエット」という情報が気になります。


元気がないとき石川善樹さんが、励ましてくれます。
今回は「最後のダイエット」を紹介します。
予防医学研究者
石川善樹 最後のダイエット
マガジンハウス 1300円(税別)


夫が、なんでそんな本買ってるの?と言っていましたがめげません。
昭和レトロなワンピースを着たい一心なのです。

それって「ひふ美と工房」っぽいでしょう。
スリットが入ってウエストがキューっと細くなっているので
体重を減らしても難しいかな?

私はダイエットに成功した試しがありません。
でも今回は納得しました。
ダイエットについて根拠がありわかりやすく書かれていますが、
中でも「習慣化」ということの大切さがわかります。

(128ページより引用)
体重とは、日々の生活習慣が積み重ねられた結果です。
つまり、「太る生活習慣」を、「痩せたままでいる生活習慣」に切り替えることができたとき、みなさんのダイエットは初めて成功するのです。


最近今まで大変だなと思っていたことを、意図的に習慣化したことがあり
その効果を感じていたところなのです。

朝起きて、パート出勤まで家事を4つ終わらせるを実行中!
トイレ掃除・お風呂掃除・洗濯・仏壇へお供えをする。

はじめは大変でしたが、今はどれも短時間で終わります。
休みの日のストレスが減りました。

定着してきたのでもう一つ、ダイエット運動で加えたことがあります。
歯磨きの時、片足立ちを左右行うというものです。
片足1分ずつで2分。
その後3・2・15の呼吸を6回で2分。

斎藤孝書・呼吸法入門 HPひふ美と工房 サロン活動でご覧くださいね。

朝の4分運動です。
こちらは、定着習慣化までもう少しですがコツコツ取組中。

この「痩せたままでいる生活習慣」っていうのは思ったより大変です。
自分を律することですし、なにより今までの
ぐうたら自分に甘い感性が邪魔をします。

でも今度は、負けないつもり
健康でないと、夢に近づけませんものね。

この本はサポートもしてくれます。
一人ひとりに、目標がわかりやすくやる気が出るような
しかけ(シュミレータ―)私も利用しています。
書いてしまえば成功事例を乗せたくなるから…ねっ。   


「美」ひろ美

【前の記事】 
なぜこんなにも
こころが揺れるのだろうか?
 【次の記事】
人とのつながりは健康にいいらしい…



スポンサーリンク






お問い合わせフォーム

ブログ・カテゴリー
ひふ美と工房のこと (33)

手づくり
レクレーション
(2)

懐かしい昭和の光景
イラスト
(1)

50代を生きる
(29)

50代の思い
(24)

50代の健康
(20)

50代向けの本紹介
(3)
2017
06月(3)
05月(3) 
01月(1)

2016
12月(1)
11月(4)
10月(1)
09月(3)
08月(1)
06月(1)
2015
11月(4)
10月(16)
09月(12)
08月(15)
07月(26)
06月(14)
05月(7)

スポンサーリンク