本文へスキップ

50代を生きる バス待ちしながら健康寿命を考えた

  バス待ちしながら健康寿命を考えた

2015年7月29 日

50代を生きる

友人の仕事を手伝うため、バス停に向いました。
早めに着いたで、目的のバスをボーっとしながら待っていた私。

近くのマンションから、出て来た老婦人がとても素敵でした。
80歳は軽く超えているのはわかりますが、
実際はいくつだったのでしょう。
高齢の方の年齢は、とてもわかりにくいですよね。

生きて来た、日々の生活の積み重ねが
人それぞれ違うので、それが大きく影響しているのでしょう。

個人差がとても大きいので、思っていたよりかなり上だったり
その逆で年齢よりも、とても老け込んで見えたりとなかなか
私は、当たらないことの方が多いです。
見かけで判断してしまうからでしょうか。

バス停近くで見かけた、ステキなおばあちゃんは、
マンションのエントランスの、数段の階段をカートを抱えて
自らの足で降り、ゆっくりではあるけれど、しっかりとした足取りで
どこかに出掛けて行きました。

目を引くのは、とてもお洒落だったこと。
派手ではないけれど、上質そうな花柄のブラウスが
風でゆれる後ろ姿が、とても優雅でした。

素敵に歳を取られているなと、後ろ姿をお見送りしながら
私の理想の姿を、見ていました。

ところで、健康年齢を知っていますか。
どれぐらい生きたかという、寿命とは異なり
病気を抱えていたとしても、要支援・要介護にならない状態で
日常を送れる期間の寿命のことです。

ひふ美と工房HP ■昭和生まれのこれからをトトノエール
長年介護職ひろ美さんの話「歳を重ねた自分に会いにゆく」を
ご覧ください。健康寿命を取り上げています。



自分の足で歩き、人の手を借りず自分らしくいきいきと生活して
行くためにどう暮らしていくのか。

50代の今、老いるという現実を「知り」そして「考える」時期に
来ているのだと感じています。

自分らしくいきいきと暮らしている方は、生活にこだわりが
あるはずです。
それを学んで、私にあったヒントや習慣を見つけていきたいと考えて
いたところに、遅れていたバスがやっと来ました。

では、また。


「ふ」fumie

【前の記事】
 えーっ佐野元春が公園の掃除を
しているの? うん、でも分かる
気がすると思った私です。
 【次の記事】
日常の元気のもらい方


スポンサーリンク





このページの先頭へ

お問い合わせフォーム

ブログ・カテゴリー
ひふ美と工房のこと (33)

手づくり
レクレーション
(2)

懐かしい昭和の光景
イラスト
(1)

50代を生きる
(29)

50代の思い
(24)

50代の健康
(20)

50代向けの本紹介
(3)
2017
06月(3)
05月(3) 
01月(1)

2016
12月(1)
11月(4)
10月(1)
09月(3)
08月(1)
06月(1)
2015
11月(4)
10月(16)
09月(12)
08月(15)
07月(26)
06月(14)
05月(7)

スポンサーリンク