本文へスキップ
交流サロン・認知症カフェの笑顔のヒント!

地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービス*笑顔になるヒント!

長年続いているサロンには秘訣があります。その1

ひふ美と工房 地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの > 笑顔になるヒント3





「もぐもぐ、ぺちゃくちゃ、にこにこ」
〜お茶を飲んだり、ご飯を食べたり飲食を共にすると交流が深まる〜

私が訪問したサロンの印象をお伝えします。続いているサロンには、理由があります。

介護予防の運動が目的で集まった会も、運動終了後にお茶を飲んで参加者同士が交流する会や、お昼を一緒に食べるプログラムがあるグループが、長年続いているようです。それが、
「もぐもぐ」です。

参加している方の、平均年齢が60代と比較的若く、活動性があるグループはサロン参加の目的が、「自分の体調管理のため」とはっきりしています。運動を終えたら、関係は別に悪くはありませんが「またね」と解散します。

比較的平均年齢が高く、「運動も楽しみ、ひとに会うのも楽しみ」と関りを求めて出かけてくるというグループは、自然にお茶会へ…。これが、
「ぺちゃくちゃ」のようです。

参加者同士お昼を食べているグループは、お茶会から始まり、「お昼もみんなで食べようか?…。」「食後のコーヒーも飲んで…。」という活動になっていました。人との交流が楽しいので、自然に皆さん
「にこにこ」になっています。

市内全域から集まるグループより、前から顔見知りの地域の人たちが集まるグループの方が
「もぐもぐ、ぺちゃくちゃ、にこにこ」につながる活動をしています。

お昼のスタイルは一品持ち寄ったり、予算をつけて当番制で料理を作ったり、合理的にお弁当を買ったりと、それぞれ自分たちの活動に、合う方法を選んで取り組んでいました。

さらに、こんな工夫も…。
マイお箸、マイコップを持参し、使った後は会場で洗わずそのまま持ち帰ります。こうすれば会場での洗い物が少なく、割り箸・紙コップを用意するより経費削減につながます。

始めた当初は、参加者の年齢も若く運動して解散していたけれど、サロンの運営が長くなってくると、交流ニーズも高くなるようです。

参加している方の現在の生活に合わせる運営が、楽しいと感じてもらえるので長く続く秘訣のようです。

普段はお茶会をしているサロンが、食事の会を企画すると参加人数がいつもの会より増えるそうです。 会話をしながら食べると、楽しいですよね。 一緒に食事をすることは、お互いの心の距離を近づける効果があるのだそうです。

時間を共有する経験が関係を深めてくれる。 すべてここちよい経験に、つながっていくのですね。




1959年生まれ 幼稚園教諭を経て、子育て一段落した時に介護職と出会う。
介護老人保健施設、通所リハビリテーション、 デイサービスをそれぞれ経験する。
資格 :介護福祉士 ケアマネージャー  宮城県認知症介護指導者



地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの*【笑顔になるヒント!】
1.笑顔体操 
2.ミニサロンを開いてみました
3.長年続いているサロンには、秘訣があります。その1
「もぐもぐ、ぺちゃくちゃ、にこにこ」

4.長く続いているサロンには、秘訣があります。その2
「どーぞ、どーぞ。」

5.高齢男性の居場所はどこに?

 ●サロンってなに?
地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの*【ミニ講話】
1.はじめに 
2.やる気スイッチを入れ毎日を、元気に過ごしましょう
3.元気に過ごす秘訣は か・き・く・け・こ
4.きょうよう・きょういく・ちょきんが大事
5.心を落ち着け集中力を高める3・2・15の呼吸法を紹介します
6「.笑顔の術」で、寿命を延ばそう
7.宇宙医学は、究極の介護予防なのですって


地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの*【レクリエーション】
1.言葉を見つけるレクにハートもみっけ
2.「新聞リハビリ」指先に集中してね
3.うまくいかないから、笑っちゃう○×体操
4.ネームパスとなかあてゲーム
5.歌で勝負だ 楽しもう
6.「割りばしストレッチ」2人一組、心を合わせて指先に集中
7.「つられポン」八百屋さんというゲーム覚えていますか?

地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの現場訪問記
1.デイサービスセンターさくら(宮城県岩沼市)
2.デイサービスたんぽぽ  (宮城県岩沼市)


ひふ美と工房

お問い合わせフォーム


スポンサーリンク