本文へスキップ
交流サロン・認知症カフェのレクリエーションとミニ講話

地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービス*レクリェーションミニ講話

ミニ講話 1.はじめに


「ふれあいサロン・ハッピーさん」ありがとう♪    

ハッピーさんとの活動を見る

〜平成26年12月から平成28年3月まで〜
ひふ美と工房地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの > ミニ講話1
宮城県岩沼市にある、65歳以上の高齢者の方が運動を主としたプログラムで集う「ふれあいサロンハッピー」の皆さんと、ご縁があり平成26年12月から平成28年3月まで1年と3ヵ月一緒に、いい時間をすごさせてもらいました。

ハッピーの皆さんは、交流を楽しみ、新しいことを受け入れ、柔軟な心を持って過ごしていました。 あなたもこんなふうにすれば、齢を重ねても、いきいきと過ごすことができるのよと、教えてくれました。

皆さんとおしゃべりして、楽しく過ごす居場所があって、気にかけてくれる仲間がいる大切さも実感しました。 交流サロンはいきいきとした生活を続けるための、取り組みの一つです。
私達が、住み慣れた地域で、暮らし続けるしくみを「地域包括ケアシステム」と言うのだそうです。

高齢になっても地域でいろいろな人や、制度とつながって、ある時は助けてもらったり時には人のために役に立ったり、最後まで自分らしく過ごしたいを、応援してくれるものです。 いろいろな活動形式の、ふれあいサロンハッピーのような居場所がこれからたくさんできてくることでしょう。

地域の交流サロン・認知症カフェなどで みなさんが集った時、心と体を、ほぐすのに使えそうな
レクリェーションとミニ講話素材をお届けします。

ミニ講話 2 3 4  6   レクレーションへ  現場訪問記へ  

●サロンってなに?


1959年生まれ 幼稚園教諭を経て、子育て一段落した時に介護職と出会う。
介護老人保健施設、通所リハビリテーション、 デイサービスをそれぞれ経験する。
資格 :介護福祉士 ケアマネージャー  宮城県認知症介護指導者

地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの*【ミニ講話】
1.はじめに 
2.やる気スイッチを入れ毎日を、元気に過ごしましょう
3.元気に過ごす秘訣は か・き・く・け・こ
4.きょうよう・きょういく・ちょきんが大事
5.心を落ち着け集中力を高める3・2・15の呼吸法を紹介します
6「.笑顔の術」で、寿命を延ばそう
7.宇宙医学は、究極の介護予防なのですって


地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの*【レクリエーション】
1.言葉を見つけるレクにハートもみっけ
2.「新聞リハビリ」指先に集中してね
3.うまくいかないから、笑っちゃう○×体操
4.ネームパスとなかあてゲーム
5.歌で勝負だ 楽しもう
6.「割りばしストレッチ」2人一組、心を合わせて指先に集中
7.「つられポン」八百屋さんというゲーム覚えていますか?

地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの*【笑顔になるヒント!】
1.笑顔体操
2.ミニサロンを開いてみました
3.長年続いているサロンには、秘訣があります。その1
「もぐもぐ、ぺちゃくちゃ、にこにこ」

4.長く続いているサロンには、秘訣があります。その2
「どーぞ、どーぞ。」

5.高齢男性の居場所はどこに?

地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの現場訪問記
1.デイサービスセンターさくら(宮城県岩沼市)
2.デイサービスたんぽぽ  (宮城県岩沼市)




ひふ美と工房

お問い合わせフォーム


スポンサーリンク