本文へスキップ
交流サロン・認知症カフェのレクリエーションとミニ講話

地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービス*レクリェーションミニ講話

ミニ講話4.「きょうよう・きょういく・ちょきんが大事」

ひふ美と工房 地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの > ミニ講話4
ミニ講話
内容
いつも身近な、この言葉なんでわざわざ、皆さんに話すのでしょう。 介護予防が身近になってきたこれからが、大切なんです。 簡単で、心にとまりやすい講話内容。
 おすすめ  交流サロン 介護予防教室
 場面 交流サロン・介護予防教室の、メイン活動プログラムが終わって休憩タイムに。
 参考資料 地域の敬老会で、話された内容です。「寿大学(高齢者向けの学びの場)」で講義された内容の一部と聞いています。

「きょうよう・きょういく・ちょきん が大事」
黒板やボードがあれば大きく教養・教育・貯金と書きます。 皆さんに注目してもらいます。 若いころはこのようなことが大切だったけれど…。 今は少し大切なことが変わってきたんですよ…それはね。こういう事なんです。

教養 今日用(事がある)
教育 今日行く(ところがある)
貯金 貯筋

この言葉について、ひとつづつ解説していきます。
今日用(事がある) 家の中のこと、外回りのこと、なんでもできることは行いましょう 。私、今日用(事がある)日々を過ごしましょう。 自分でできることは自分で行うように努めましょう。 しんどいときもありますし、面倒なことも多いですよね。でもその小さなコツコツが 大切なんです。自分の役割を持つことです。
今日行く
(ところがある)
教室に行く、サロンに行く、郵便局に行く、娘のところに行く 買い物に行く、小さな用事でいいんです。 外に出かける機会は大切に、どんどん作ってください。 出会った人とお話しする。交流するのがいいんです。 出かけると、いつもと違う空気を吸って、いつもと違う風景を見て五感が、フル回転。そうそう気も遣うでしょう。 おしゃれもしないといけないしね 。だから、今日行くところがあることが大切なんです。
貯筋 筋力は、コツコツ貯えないとすぐ衰えます。 残念ながら筋力はすぐにつくわけではないのです。 体操というとなかなか改まってやれませんので、 生活の動作の中で貯筋することが長続きするコツです。 テレビを見ながら、肩のストレッチや指の運動。 お風呂の中で、足首回したり 日課の散歩を続けたり、いろいろヒントはありそうです。 いつからはじめても遅くありません。さっそく今日からですよ。 お金も大事、貯筋も大事



ミニ講話 2 3 4  6   レクレーションへ  現場訪問記へ  



1959年生まれ 幼稚園教諭を経て、子育て一段落した時に介護職と出会う。
介護老人保健施設、通所リハビリテーション、 デイサービスをそれぞれ経験する。
資格 :介護福祉士 ケアマネージャー  宮城県認知症介護指導者
 ●サロンってなに?
地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの*【ミニ講話】
1.はじめに 
2.やる気スイッチを入れ毎日を、元気に過ごしましょう
3.元気に過ごす秘訣は か・き・く・け・こ
4.きょうよう・きょういく・ちょきんが大事
5.心を落ち着け集中力を高める3・2・15の呼吸法を紹介します
6「.笑顔の術」で、寿命を延ばそう
7.宇宙医学は、究極の介護予防なのですって


地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの*【レクリエーション】
1.言葉を見つけるレクにハートもみっけ
2.「新聞リハビリ」指先に集中してね
3.うまくいかないから、笑っちゃう○×体操
4.ネームパスとなかあてゲーム
5.歌で勝負だ 楽しもう
6.「割りばしストレッチ」2人一組、心を合わせて指先に集中
7.「つられポン」八百屋さんというゲーム覚えていますか?

地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの*【笑顔になるヒント!】
1.笑顔体操 
2.ミニサロンを開いてみました
3.長年続いているサロンには、秘訣があります。その1
「もぐもぐ、ぺちゃくちゃ、にこにこ」

4.長く続いているサロンには、秘訣があります。その2
「どーぞ、どーぞ。」

5.高齢男性の居場所はどこに?

地域の交流サロン・認知症カフェ・デイサービスの現場訪問記
1.デイサービスセンターさくら(宮城県岩沼市)
2.デイサービスたんぽぽ  (宮城県岩沼市)


ひふ美と工房

お問い合わせフォーム


スポンサーリンク