冬の昔の雪遊び【板ゾリ】と竹スキーを知ってますか

そり遊び ダウロードぬりえ

子どもの頃の記憶だからそう思っているのか、昔の方が雪が降ったな、と思っているシニアは多いと思います。これからが寒さの本番になりますが、懐かしい昭和の子ども時代だった頃、どんな雪遊びをした思い出がありますか。

昭和をモチーフに、ペーパークラフトやぬりえを制作している小さな工房のブログです。

スポンサーリンク

雪遊び

雪遊びと言えば、道具がなくてもできる雪合戦と雪だるま作りがすぐに思い浮かびます。この遊びは道具を使わない分、今も変わりませんよね。

道具を使うそりや、スキーは昔に比べて大分変っているようですね。

板ゾリ

昭和の子ども達の雪遊びなどの資料写真などで、見たことはあるのですが実際に遊んだことはないので、今回もイラストを描いた夫に聞いてみました。

fu管理人
fu管理人

板ゾリで遊んだんだよね?

見たことはあるような気がするんだけど、やったことはないんだよね

イラスト担当hideさん
イラスト担当hideさん

もちろん。小学校そばの斜面で遊んだね‥

では、詳しく教えてもらいましょうと質問責めにしました。hideさん「ボクの昭和回想イラスト」で子どもの頃の思い出をイラストにして描いていますので、こちらもご覧になってください。相当レトロな感じです。

懐かしい昭和の光景を、ぬりえにしています。無料ダウンロードが出来る物もありますので、ご興味のある方はひふ美と工房サイトをご覧ください。

Q.ソリは誰が作ったの?

3歳年の離れた兄がいるので、一緒にそりを作ったとのこと。材料になる板などは、家の近くにある木工所からもらってきて、家にあった釘やのこぎりなどの道具を使って見よう見まねで作ったらしいです。

「昔の子どもは何でも作ったものだ。」と、自慢げに話していました。

Q.滑走させる部分のパーツはどうしたの?

それも、木工所からもらってきた木材を使ったけれど、竹スキーをかわりに取り付けた時が一番良く滑ったらしいです。では、その竹スキーも自分達で作ったのかと質問したら‥。
「売ってたよ。」と返ってきました。

え~どこで?

これもまた、近くに竹細工を売っているお店があって、普段はかごとかざるなどの日用品を、作って売っていたのでけれど、冬場は竹スキーが売れるので作っていたらしいのです。

時代ですよね。

Q.どこでそり遊びしていたの?

小学校が高台にあったので、学校脇の斜面が雪が降るといい遊び場になったそうです。
学校にそりを持って行くのは禁止されていたので、(当たり前のことですよね) 
放課後、急いで帰って家からみな自作のそりを持って、また学校に行って遊んだらしいです。

父親が作ったそりを持ってくる子は、座るところがあったりして立派だったと言っていました。

竹スキー

そりの滑走部分に、竹スキーを付けたという話が出てきたのでもう少し詳しく聞きました。
私のイメージする長さより、短めだったようです。

近くの田んぼが凍ると、その竹スキーを長くつに縄で括り付けてスケートをしたそうです。
さすがに、竹スキーはナタを使って竹を割ったり、熱で竹を曲げたりする加工があるので何でも作って遊んでいたと言ってもムリだったようです。

インターネットで調べると、今でも竹スキーを作るイベントなどが開催されたいるようです。
作り方をイラスト入りで紹介しているサイトがありましたので、挑戦してみたい方には参考になるかもしれませんね。

まとめ

昭和26年生まれの夫の、個人的な思い出と記憶のそり遊びの話でした。場所も、岩手県に近い宮城県の港町です。東北なので雪は降りますが、豪雪地帯というわけでもありません。


ちなみに、私は昭和36年生まれで宮城でも南の方の地域で育ちました。年齢と地域差があるので、家の近くでそり遊びとかは、したことがありません。


そして、ぬりえのイラストのそりは当時夫が作って遊んだ形そのものらしいです。すごく、楽しかった冬の思い出らしく、次から次へと記憶がよみがえってきたようです。

子どもの頃の思い出って、ちゃんと覚えているんだなぁ‥と思いました。

タイトルとURLをコピーしました