ボンネットバスで訪れる懐かしの旅へようこそ!【昭和レトロなぬりえ】

昭和レトロぬりえ ぬりえ

昭和レトロな雰囲気が漂う、懐かしいぬりえを紹介します。ぬりえが懐かしい思い出を連れて来て、昭和にタイムスリップしたような感覚になるかもしれません。

令和になっても、現役で活躍しているボンネットバスが全国で何台かあるようです。ボンネットバスに乗ることが、ひとつの観光になっているようですね。

昭和をモチーフに、ペーパークラフトやぬりえを制作している小さな工房のブログです。

スポンサーリンク

レトロなボンネットバスで訪れる懐かしの旅へようこその【ぬりえ】

【昭和レトロな光景ぬりえ】は、ひふ美と工房ネットショップからお求めいただけます。

ぬりえ(A4・横・モノクロ)+色みほん(A4・横・カラー)を
2枚セットで200円で販売しています。

色みほんは、プロのイラストレーターが丁寧に手作業で着彩した温かみのあるものです。

jpgデータとpdfデータ両方を用意いたしましたので、お好みに合わせてお求めください。

【昭和レトロなボンネットバスで訪れる懐かしの旅】

令和5年の今も、ボンネットバスで巡るバスツアーが企画されているようです。調べてみると鳥取県の岩美町が『レトロなバスでLet’s 周遊!ボンネットバスツアー』を募集していました。

他にも、伊豆のボンネットバス「踊り子号」や岡山、岩手なども検索すると出てくるので調べてみるのも楽しいですね。

※色えんぴつで着彩しています。

ご購入前にサンプル版をお楽しみいただけます

昭和の時代に愛された光景を、楽しめる「ぬりえ新聞」が出来ました!

ご高齢の方にも大好評の【昭和の光景ぬりえ】の一部をトリミングしたサンプル版や、昭和時代の懐かしいトピックなども掲載。

無料でダウンロードできるので、ご家族やお知り合いの方にもぜひおすすめください。

fu管理人
fu管理人

「ぬりえ新聞」を、無料ダウンロードできます。

サンプル版として、ぬりえの一部をトリミングしてご提供しています。

今回は、バスガイドさんのにこやかな笑顔です。お客さんも楽しそうですね。

【ぬりえ新聞 vol.03】

ページ内にはダウンロードボタンがあります。クリックするだけで、直接ダウンロードできますので、ぜひご利用ください。


A4 タテ モノクロ (pdfデータ)

ぬりえ新聞は、昭和時代に懐かしい思い出を持つ方々に向けて
無料でダウンロードできる新聞です。

【昭和の光景ぬりえ】の一部をトリミングした、サンプル版も掲載しています。

『ぬりえ新聞』を通じて、昭和時代の懐かしい話題や思い出を語り合うことが出来ます。

ご家族やお知り合いの方との、会話のきっかけにもぜひお役立てください。

  1. 昭和レトロな足踏みミシンで作るお母さんの手作り服【ぬりえ新聞vol.01】
  2. 昭和レトロな台所で作るお母さんのカレーライス【ぬりえ新聞vol.02】
  3. 昭和レトロなボンネットバスで訪れる懐かしの旅へようこそ【ぬりえ新聞vol.03】
  4. 昭和レトロな商店街で思い出す綿あめと子どもの頃の笑顔【ぬりえ新聞vol.04】
  5. 昭和レトロな商店街のコロッケはホクホク笑顔の思い出の味【ぬりえ新聞vol.05】

サンプル版のぬりえが気にいっていただけましたら、ぜひ全体のぬりえデータもご購入ください。

昭和時代を懐かしむあなただけの1枚に、仕上げてくださいね。

また、プレゼントとして喜ばれると思います。楽しいぬりえタイムをお楽しみいただけます。

昭和生まれを介護している方へ

調べてみると、ボンネットバスは1960年代までは全盛期で走っていたようなので、ご高齢の方は覚えていらっしゃるのではないでしょうか。

色を塗ることがおっくうになっている高齢者の方には、色みほんを見ながら会話のきっかけにするのも良いと思います。当時乗ったことがある、ボンネットバスの色やご自分が好きだった洋服の色などを思い出してもらえれば、懐かしい話がどんどんでてくるかもしれませんね。

【昭和の光景ぬりえ】は、今後も販売予定です。ぬりえ新聞にサンプルも付けたいと思っています。どうぞ、気に入ったぬりえを見つけてあげてください。

自分だけの思い出の1枚を作りましょう

ボンネットバスに、乗ったことはありますか。

バスガイドさんとの、思い出のエピソードはありますか。

昔、観光で訪れたところにもう一度行くとしたら、どの場所で季節はいつ頃が良いでしょう。

データ販売はこちらから

【昭和レトロな光景】ぬりえは、ひふ美と工房のネットショップからご購入できます。

ご利用にあたってのご注意

スマートフォンやタブレットなどは、正常にダウンロードできない場合があるため、ご利用をおすすめしていません。PCからダウンロードしてください。

BASEホームページより

ぬりえ+色みほんセットで200円です。
・jpgデータ
・pdfデータ

どちらか、
お選びいただけます。

ぬりえをプリントアウトして色えんぴつにて着彩しています。

お好きな色で、ぬりえを楽しんでください。

イラスト担当hideさん
イラスト担当hideさん

色えんぴつで塗って仕上げ、こちらを色みほんとして付けました。

色付けの参考にしてみてください。

ぬりえをしながら会話を楽しみましょう

fu管理人
fu管理人

ボンネットバスには、まだ乗ったことがないので

ぜひ、観光で乗ってみたいと思います。

小さい頃は、路線バスには車掌さんが乗っていました。

ボンネットバスの豆知識

昭和の街並みを観光の目玉としているところは、今でもボンネットバスツアーがあるそうなのでリアルにタイムスリップができそうですね。

ボンネットバスは、1960年代頃は全盛期に走っていました。運転席より前にエンジンがあるバスのことです。

1970年代になると運べる人数を多くするために、エンジンが客席の下にある現在支流のバスへと移り変わっていきました。

【ひふ美と工房】のダウンロードぬりえ

ネコちゃん
ネコちゃん

他にもたくさんぬりえがあります。

ぜひ、デイサービスや老人ホームなどの介護施設でのレクリエーションや、おうちでのお楽しみにもぴったりな、たくさんのぬりえが掲載されたページをご覧ください。⇓

まとめ

・【昭和の光景ぬりえ】をネットショップからデータ販売しています。

・【ぬりえ新聞】は無料でダウンロードできます。

・【ぬりえ新聞】には、お楽しみぬりえサンプル版としてぬりえをトリミングした一部を掲載しています。

タイトルとURLをコピーしました