昭和生まれのこれからの日々を「トトノ・エール」(整える/調える)  
 〜今を大切にしながら、健康寿命を延ばしましょう!〜
ひふ美と工房 これからの日々を、トトノエール > 健康寿命をのばしましょう!4

4.幸せな気持ちで、健康寿命を延ばす取り組みをごいっしょに 2

          
まずは心を整える・ごきげん力をつける 。
前向きな気持ちになる・生きる力が出てくる。
中長期的な目標がもてる・夢ができる。
そのために健康で長生きしたいと思う 。
結果として幸せな気持ちで、健康寿命をのばすことになる。

自分のことを認めて、ほめていると心が前向きになる力がついてくる1

ポジティブ心理学というものがあることを知りました。 個人や社会を繁栄させるような、強みや長所を研究する。 人生を充実したものにする研究。 紹介されている取り組みにこのようなものがあります。

いいこと日記

一日の終わりに、その日にあった良いことを3つみつけて書きとめるというものです。 その日の最後に一日を振り返る。それがポイントです 。いいこと日記を付け始めて2カ月、まだまだ初心者です。 でも効果はあるようで、いいことを見つけるのも、書くのも苦ではありません。
心は落ち着いています。

ほめ日記というのもあります

こちらは自分をほめる日記をつけるというもの。 自分を認めてもらうとうれしい、ほめてもらえたらもっとうれしいですよね。 他の人がほめても自分がほめても、脳は受け止めるのだそうで だったら自分を自分でほめよう、自分が好きになり前向きな気持ちになれる。

どちらも奥が深いのでしょうが、私の学びはまだ浅いものです 。でも自分の考え方の癖、習慣を練習するものなのだと思うのです。

「ごきげん力」養成講座  竹澤英治さんのたとえ話を引用するのが 私もわかりやすかったので紹介しますね。

夕日と、犬の糞、感動を選択する自由

二人の人が土手に立っています 。一人は夕日を見て「きれいな夕日だな、ありがたいな」と 感動している。

一人は、しゃがみ込んで犬の糞を見て「誰だ、こんなところに犬の糞を そのままにして」といっている。

人の感じ方は好きな方を選んでいいんですよ。
あなただったらどちらがいいですか?

小さなことにもありがたいな、楽しいなと思える視点があれば、たとえいやなことが、あったとしてもその中からまた、いいことを見つけてうまく解決できそうな気がします。

物事をマイナスの視点で見てしまうと、その流れしか見えなくなり、出口も探しづらい。きっときげんは悪くなりますよね。

いいこと日記、ほめ日記の取り組みができない日でも、日々の生活の視点がごきげんになる方法を選択していける自分でいられるようになっていたい。 そう思っています。

思いっきり深呼吸をしました  いい気持ちです。
こんな時は前向きな気持ちでいられますね。



          

【今を大切にしながら、健康寿命を延ばしましょうの他の記事を読む…↓】



■  ■
「トトノ・エール」

片づけのプロ
小林さんの話

長年介護職
ひろ美さんの話

■  ■

お問い合わせフォーム

スポンサーリンク